YOKONE 公式 販売店

快適な睡眠スタイル

少しの意識で快適な睡眠スタイルを!

正しい睡眠は健康の基本中の基本です。寝る姿勢はもちろん、マットレス、枕、掛け布団など寝具にもこだわりたところですよね。

 

最近は睡眠時無呼吸症候群など思わぬ睡眠トラブルで、睡眠時間は取っているのに寝不足…ということも話題になっています。いびきなどのトラブルがある方は医療機関を受診して、自分にとって最適な寝姿勢を調べることができます。専用のマスクもありますが、軽症の方は自分でできる簡単な方法もあります。

 

 

 

 

いつも仰向けで寝ている方は横向きで寝てみると、いびきがピタッと止まるかもしれません。しかし、枕が横向き寝にちょっと合わない…という方がいらっしゃるかもしれません。そんな時、私は通販で購入した専用の枕のyokoneを使用しています。仰向けに寝ている時は首のアーチを強制してくれて、高さと硬さがあるので横向きにも寝やすい優れものです。

 

マットレスは寝具店で自分の体に合わせたものを作ると望ましいです。私のオススメは、ボコボコした体圧を分散するタイプのもので腰痛がある方に一押しです。掛け布団は、最近は機能性素材のものが出ています。季節に合わせたものを選ぶことで、夏は涼しく冬は暖かく質の良い睡眠をとることができますね。

 

 

より良い眠りを得るために

ほとんどの人が必ず毎日「睡眠」をとると思います。そんな生きていく上で欠かせない睡眠を、皆さんは質の高い睡眠にしていますでしょうか?

 

例えば、起きるけどなかなか眠気がさえない。なんだか頭がボケーっとするといったことはないでしょうか。こういったことを避けるために、できるだけ質の高い睡眠がとれる方法を覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

まず、寝る前の最低15分前には電子機器(スマホやパソコン)を使用しないようにしましょう。もちろん15分より更に前に電子機器を使わないようにすればするほど、質の高い睡眠がとれます。寝る前には脳がリラックスできる状態を作る必要があります。脳のリラックス状態を妨害してしまうのが、テレビやスマホなどの電子機器です。ですので、15分前にはそういった電子機器の使用をやめ、脳がリラックスできる環境を作り出しましょう。

 

もう1つは、寝方です。仰向け、左向き、右向きという風に寝方がありますが、現在ではやはり右向きの寝方が最もメリットがあるようです。いびきや無呼吸症候群の方には、右向き寝が良いということは有名です。

 

以上の点を踏まえて、是非「睡眠」をとってみてください。今よりも質の高い睡眠がとれると思います。

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る