YOKONE 公式 販売店

質の良い睡眠をとるには

質の良い睡眠

私の周りの友達は不眠症の人が多いせいもあり、私の場合は質の良い睡眠を心掛けています。

 

 

よく、寝る前にスマホ弄りながらとかDVD観ながらとか聞きますが、それでは質の良い睡眠は取れないと思います。余計脳が活性化されて目が覚めてしまうようです。なので、私は寝る1時間前はテレビも消し、スマホも見ません。脳に寝ると思わせる様にしています。

 

 

お風呂から上がると、ホットココアを毎日飲んでいます。ココアはリラックス作用があるからです。すると、大体いつも22時半くらいに眠くなってしまいます。それを超えると目が覚醒されてしまいますので、休みの前の日以外は布団に入って目を閉じてると自然に眠ってしまいます。

 

 

 

 

朝は7時に起きているので、睡眠時間は8時間程です。どうしても眠れない時は一旦起きて、自分にとってリラックスになる事をします。そはれから横になるだけでも違うので横になってぼーっとします。私の場合はアロマを焚きます。お薬も持っていますが、出来るだけ頼らない様にしています。

 

 

ちゃんと朝日を浴びて、動いて、お風呂に入ってちゃんと浸かってたりすると質の良い睡眠が取れます。休みの日は昼寝もします。短時間しか寝れなくても質の良い睡眠を取れば良いらしいですが、私は寝る事が好きなのですぐ横になります。

 

 

睡眠障害と対策

不安で寝られない、明日が気になって眠れない、仕事が気がかり、心配ごとがある、悩み事がある・・・など。人は様々なことが原因で眠りにつけなくなったり、または寝ても数分や数時間で目が覚めてしまうような睡眠障害と呼ばれる症状が現れることがあります。 

 

 

寝よう寝ようとすればするほど焦りが出て、ますます寝られなくなり、気がついたら朝になってしまったという経験をした方も多いのではないでしょうか。このような症状がで始めたら、「朝日を浴びる」「夜は部屋を暗くする」「寝る一時間前にテレビ、パソコン、スマートフォンをやめる」「適度な運動をする」などを心がけます。

 

 

 

 

また、脳が興奮状態になっていると、病院で処方される睡眠導入剤などもあまり効果がないことがあります。不眠治療は病院で受けることも可能ですが、根本的な解決にはご自身の治したいと思う強い意志と、それに向けた努力が必要です。

 

 

上にあげた対策と共に、ストレスをためない生活や、ストレスを発散できる環境づくりをすることが何よりも大切です。快適な睡眠のために、しっかりとふとんを天日干しすることや、長年取り替えていないふとんの場合にはふとんそのものを新調することも検討して見ましょう。また、枕の高さや硬さも工夫してみることで快適な睡眠が取れるようになることがあります。心地よい眠りにつけるよう、ご自身の生活スタイルを見直して見てはいかがでしょうか。

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る