YOKONE 公式 販売店

規則正しく眠ることの重要性

快適に眠るために

睡眠は、身体や精神にとって重要なものです。生理現象みたいなものですから、眠いから寝る、ということでも悪いわけではないのですが、それ以上に考えておくことは、「規則正しく寝る」ということです。

 

規則正しく寝ることができるようになりますと、非常に健康的になるといえるでしょう。よくあることとして、寝ようとしているがなかなか眠りに落ちないということがあります。要するに不眠ですが、これはそこまで気にするようなことでもないときがあります。

 

寝れないというのは確かに辛いことでしょうが、目を瞑って休んでいるだけでもそれなりに体力は回復します。寝れないことで不安にならないこと、というのが実はまず大事なこととされています。不眠で悩んでいる人によくされるアドバイスです。

 

 

 

 

一回二回、眠れなかったからといって死ぬわけではない、と開き直ることは実はとてもお勧めできることでもあるのです。睡眠、つまりは寝ている状態というのは人生の三分の一程度を占めるわけですから、上手く折りあいをつけるようにしましょう。寝具を変えてみるのもお勧めです。自分にあった枕を探すのも良いでしょう。

 

そうすることによって、より快適な生活ができるようになります。それでも駄目な場合は病院にいくこともお勧めできます。

 

 

病院に頼るのもあり?

私は高校の頃に、ストレスによって不眠になってしまいました。不眠になるととっても怖かったです。普段は布団に入ってすぐに眠れるのに不眠になってからは、全然眠気が来なくなったのです。不眠だと夜が凄く寂しく感じました。ただひたすら目をつぶってるだけで「早く寝たい」と考えていたら、もう早朝になっているのですから。

 

不眠になると孤独です。家族は全員グーグー寝てる中、こちらはいつも目が覚めています。あまりにも不眠が続いたので、私は病院に行き睡眠薬を貰う事にしました。当時の私からしたら、睡眠薬はとっても怖い物でした。よく漫画やドラマなどで睡眠薬が登場すると、大抵は悪い使い方をしていますよね。なので、睡眠薬イコール怖い物というイメージがあったのです。

 

 

 

 

しかし、医者の先生に聞いたところ「睡眠薬は使い方さえ間違わなければ問題ない。メディアで報道しているのは悪い使い方なので、しっかりと決められた数を飲んでいたら問題ない」と言われたので、安心して飲むことが出来ました。

 

睡眠薬は飲んだら効果は抜群ですぐに眠れました。依存したらマズいと思い薬の量も徐々に減らして、現在では睡眠薬に頼らないでも寝れるようになりました。やっぱり薬は使い方が大事ですね。

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る