YOKONE 公式 販売店

寝ても疲れが取れない場合は、質が悪い?

質が悪いと寝ても疲れが取れない

毎日の生活において、欠かせないことやものはたくさんあります。そんな欠かせないことの中の一つが、睡眠です。睡眠を取ることで、体をしっかり休めることができることと、体のさまざまな機能を正常に働かせることができます。そのため、睡眠が大事な事は多くの方が分かっている事です。ですが、意外と多くの人が睡眠の質までは考えずに睡眠を取っています。

 

 

その理由は簡単で、睡眠の質が良いか悪いかというのは寝ている間に自分では全く分からないからです。ですから、睡眠さえしていればそれで良いと思っている人が多いです。ですが、実際は自分が寝ている姿を見た時に自分の睡眠の質が悪い事に気づけるという事は、意識してみると意外と多いです。

 

 

それは、そこそこの時間寝ていても朝の目覚めが悪いと感じる事からも明らかです。ですから、睡眠は単にそれなりの時間寝ていれば良いという事はないです。どれだけ質が高い睡眠が取れるかが大事になってきます。実際寝ていても全く疲れが取れていない人は多いです。それは睡眠の質が明らかに悪いというのがあります。

 

 

なので、せっかく睡眠を取ってもその質が悪いと、疲れが取れてすっきりできるどころか逆に体を壊す事もあります。それは多くの人が睡眠の質を軽く見ているからです。ですから、これまで特に睡眠の質を考えてこなかったという人は今後はもっと睡眠の質の向上を考えた方が良いです。それで朝の目覚めも変わってきます。

 

 

 

 

寝る前にリラックスすることが重要

毎日の睡眠をより良い睡眠にするためにも、質の良い睡眠を取るためにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

 

 

最近では、インターネットやSNSの時代になってきたので、パソコンやスマートフォンが当たり前に時代になりました。ショッピングはもちろんのこと、分からないことなんかもすぐに検索することができたり、自分自身で自ら情報を手軽に発信することができるようになりました。

 

 

ですが、パソコンやスマートフォンを多く見ることで、交感神経が働き脳が興奮状態になってしまいます。そのまま寝ようとしても、脳が興奮状態にあるため、なかなか寝つけないといった状態になり、またパソコンやスマートフォンを見てしまうといった悪循環に陥ります。

 

 

最近なかなか寝つきが悪いといった方は、目る前の過ごし方を見直すことで睡眠の質を上げることができます。寝る前には、パソコンやスマートフォンの使用をなるべく避けるようにし、リラックスするように心掛けましょう。

 

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る