YOKONE 公式 販売店

眠れないを解消するには?

睡眠をしっかる取る方法

毎日しっかり寝れる人と、なかなか寝つけない人がいます。寝つけない日が多い場合、どうしたら早く寝つけるでしょうか。

 

 

まず寝つけないときは、足と頭といつもと逆向きに寝ると寝やすい人もいます。毎日出来る方法ではありませんが、どうしても眠れないときに行う方法です。しかし求めているのは、毎日よく眠る方法です。

 

 

寝るときはリラックスしてあまり何も考えない方がいいです。眠れない原因は普段あまり動いていない場合、動いていても体の方が疲れていない場合があります。そうすると体が疲れていないけれど、目は眠たいということがあります。体を動かすことも必要です。

 

 

 

 

また他にも、夕食がしっかり摂れずに寝れないという人もいます。それは空腹になりすぎて眠れないという状況ですね。空腹だと人間はなかなか眠れません。体が程良く温まらないし、眠気より食べ物を求めているからです。確かに朝食をしっかり摂ると言われている説もありますが、夕食を抜きすぎるとお腹が減りすぎて眠れないということを引き起こします。もし眠れない場合は、夕食はしっかり食べないといけません。

 

 

また寒いときにはホットミルクを飲むと眠りやすいという説もあります。体が温まるからです。ストレスもかかえていると眠気が来ないから、工夫しながらストレス発散するようにしましょう。

 

 

 

体内時計のサイクルを整える習慣とは?

「体内時計」という言葉を聞いたことがある人は多いはずです。体内時計とは体に備わっている機能で、一定のリズムを刻み、活動状態と休息(睡眠)状態の切り替えをしたり、体温や血圧・自律神経など体の様々な機能を調節する役割があります。そしてこの体内時計、不規則な生活をしたり夜遅くまで明るい部屋にいたりすることで乱れてしまうのです。

 

 

体内時計が乱れると当然睡眠がうまく取れなくなって、体調を崩したりする原因になってしまいます。ですから、普段から体内時計のサイクルを整える習慣を心がけることが、質の良い睡眠、そして健康の維持にはとても重要なのです。

 

 

 

 

体内時計のサイクルを整えるためにまず行いたいのは、出来るだけ毎朝同じ時間に起きること、そして朝起きたらすぐにカーテンを開けて朝日を浴びるということ。これで体内時計がリセットされ、正しいリズムが刻まれやすくなります。休みの日だからとダラダラと遅い時間まで寝ているのも、体内時計のリズムを乱してしまいます。普段起きている時間より2時間以上遅くならないようにしましょう。体内時計を正すことで、睡眠にとっても良い影響を与えます。

 

 

また、夜は出来るだけ照明は暗めにするのがおすすめ。間接照明を上手に利用すると良いでしょう。パソコンやスマホなどの光、つまりブルーライトを浴びるのも良くないので、就寝前はこういった画面は見ないように心がけることも大事ですよ。

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る